顔汗がひどく、それを抑えるために私が行った方法

顔汗は人前に出る時に最も気になる部分です。私の場合は緊張による発汗がひどい場合があるので、いつも辛い思いをしています。時には電車の中で顔汗を大量にかいてしまい、汗を抑えなければという思いが余計に発汗作用を促し、余分に恥ずかしかったのを覚えています。

こちらのサイトを参考にして私なりにやっていることを紹介します。

顔汗を解消する方法としては、薄着をすることがまず挙げられます。特に夏になると私は肌も弱いので、顔汗をたくさんかくと、今度は肌荒れの原因になってしまいます。アトピー性皮膚炎も持っているので、顔汗はかかないに越したことはないのです。

薄着をすれば体温が下がるので、顔汗はあまりかかずに済むのです。次に行う手段は緊張を抑えることですが、これは一朝一夕にはいきません。緊張症はそんなにすぐに治るものでもなく、人前に出る時に少しでも緊張をしないようにするため、私はメンタルトレーニングを行ったりもしました。時には心療内科に行って薬をもらい、精神的に落ち着くためにかなりのことを行いました。

その結果、顔汗をかくのは緊張によるものがかなり多いということがわかりました。精神的に落ち着いていると、汗は殆ど出ませんでした。また、それに加えて薄着をすることを加えることで、かなりの発汗が抑えられ、それ以降、顔汗に悩まされることはあまりなくなりました。

顔汗は精神的原因がかなりの部分が隠されていると言われているので、もしも精神的なものかなと思った方は、心療内科で安定剤をもらってしばらく飲んでみるとよいかもしれません。私も事実、精神安定剤をもらって飲み、人前に出る前には特に薬を飲んでから出かけることで、挨拶時や街中で多くの人の中に行く時に顔汗をかきまくって恥ずかしい思いをすることはほとんどなくなりましたので、もし心配なら、心療内科をおすすめします。

プラセンタとイソフラボン

良く聞く美容成分の代表とも言えるプラセンタとイソフラボン。ですが、それぞれについて詳しく理解する機会が無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここではプラセンタとイソフラボン、それぞれの特徴をご紹介します。

まずプラセンタについてです。
プラセンタとは『胎盤』のことです。胎盤は臓器の発達が未熟な胎児に必要な栄養素を届けるための器官、ということは皆さんご存知でしょう。
ですが美容成分として利用されているプラセンタは胎盤そのものではなく、豚などの胎盤から抽出したものを加工して活用されています。胎盤には人間に必要不可欠な栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル等)が凝縮されており、あらゆる細胞を活性化させる効果があることで知られています。
そのためプラセンタは、エイジングケアはもちろん、乾燥・肌荒れ・シミやそばかす・くすみなど、あらゆるお肌の悩みに対応できるのです。まさに万能な成分と言えるでしょう。

続いてイソフラボンについてです。
イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをすることで知られ、髪や肌を健やかに保つための水分やコラーゲンを産生してくれる働きがあります。
そのため、エストロゲンの量に変化があるとホルモンバランスが乱れ、お肌の様々な不調につながります。
ですので更年期の諸症状が気になる方はもちろん、出産後の心身不調や生理痛・生理不順、PMS(月経前症候群)が気になる方などにおすすめの美容成分です。

いかがでしたでしょうか。
どちらも女性には重要な美容成分ですが、それぞれについてしっかり理解しておけば、さらに活用することができます。
自分の悩みを明確にした上で成分の特徴を思い出し、賢いケアにつなげましょう。