プラセンタとイソフラボン

良く聞く美容成分の代表とも言えるプラセンタとイソフラボン。ですが、それぞれについて詳しく理解する機会が無いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここではプラセンタとイソフラボン、それぞれの特徴をご紹介します。

まずプラセンタについてです。
プラセンタとは『胎盤』のことです。胎盤は臓器の発達が未熟な胎児に必要な栄養素を届けるための器官、ということは皆さんご存知でしょう。
ですが美容成分として利用されているプラセンタは胎盤そのものではなく、豚などの胎盤から抽出したものを加工して活用されています。胎盤には人間に必要不可欠な栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル等)が凝縮されており、あらゆる細胞を活性化させる効果があることで知られています。
そのためプラセンタは、エイジングケアはもちろん、乾燥・肌荒れ・シミやそばかす・くすみなど、あらゆるお肌の悩みに対応できるのです。まさに万能な成分と言えるでしょう。

続いてイソフラボンについてです。
イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをすることで知られ、髪や肌を健やかに保つための水分やコラーゲンを産生してくれる働きがあります。
そのため、エストロゲンの量に変化があるとホルモンバランスが乱れ、お肌の様々な不調につながります。
ですので更年期の諸症状が気になる方はもちろん、出産後の心身不調や生理痛・生理不順、PMS(月経前症候群)が気になる方などにおすすめの美容成分です。

いかがでしたでしょうか。
どちらも女性には重要な美容成分ですが、それぞれについてしっかり理解しておけば、さらに活用することができます。
自分の悩みを明確にした上で成分の特徴を思い出し、賢いケアにつなげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です